アパレル業界で働く際に必要な資格は?

ショップ店員や営業、ファッションデザイナー、プレスなどのアパレル業界での仕事は、とくに指定された資格を取得する必要はありません。

医師や看護師、薬剤師のように業務独占の仕事なら(国家)資格がなければ働くことができませんが、アパレル業界には業務独占の仕事は一切ないのです。


やる気さえあれば、誰でも働くことができる

これは裏返せば「やる気さえあれば、誰でもショップ店員やアパレル業界の営業になれる可能性がある」ということ。

まずはアパレル業界に飛びこんで現場で働きながら学ぶ、OJTで実力をつけるというキャリアアップ法を実践するのが現実的です。

けれどそうは言っても「アパレルの求人に何度応募しても採用されない」「就職に有利になる資格はないの?」と思う方もいらっしゃると思います。

誰でもできる仕事はライバルも多いもの。 こちらのサイト「アパレル求人と雇用形態」では転職に有利な資格やアパレルの雇用形態についてまとめています。

これからショップ店員やファッションデザイナーを目指す方、参考にしてください。


ショップ店員に有利な販売系の資格は?

ショップ店員になりたい方は「服が好きで、好きを仕事にしたい」と考えている方も少なくないでしょう。

「好き」という気持ちはとても大事なものです。

なぜなら仕事に関する勉強をするための大きな情熱(原動力)になります。

ショップ店員の主な仕事は販売です。販売の仕事に役立つ資格は主に「ファション販売能力技能検定」や「販売士」になります。

これら資格は販売に関する知識や販売の技術、さらにショップのマネージメントまで学べるのでショップ店員に最適。

接客のマナーから接客技術、売り場管理、クレーム対応、顧客管理と幅広い分野の学習が可能です。

これら資格のなかでも「販売士」は日本商工会議所が主催しており、公的資格として認知されています。


デザイン系の資格はこれ!

ファッションデザイナーに最適な資格は「カラーコーディネーター検定」や「色彩検定」など色に関する資格や「パターンメイキング技術検定」「CAD利用技術者検定」「洋裁技能検定」などファッションデザインに直接かかわる知識を養う資格などがあります。

独学でパターンメイキングの技術を修得したい方は、民間資格を取得するという方法もあります。

これら資格は受験のための条件が設定されていないことも多く、誰でもテキストをつかって勉強ができ、平等に試験を受けられるのが大きなメリットです。

さらに「繊維製品品質管理士(TES)」や「テクスタイルアドバイザー(衣料管理士)」のような洋服の素材を管理する民間資格もあります。

「これは必要」と思える資格を取得することで、アパレル業界への転職や就職が有利になるかもしれません。